コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補聴器の選び方、使い方 ほちょうきのえらびかたつかいかた

1件 の用語解説(補聴器の選び方、使い方の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ほちょうきのえらびかたつかいかた【補聴器の選び方、使い方】

◎まず補聴器が必要かを判断する
 4、5人の会話ですべての話を聞きとれないと感じたり、家族と一緒にテレビを見ながら話ができなかったりする場合は、補聴器が必要な程度の難聴(なんちょう)である可能性があります。
 難聴の程度を、自分自身や家族が正しく判断することはむずかしいものです。補聴器を選ぶ前に、まず補聴器が必要かどうかの診断を耳鼻咽喉科(じびいんこうか)で受けてください。聴力検査を受けると、補聴器が必要か否かを客観的に知ることができます。
◎補聴器の選び方
 補聴器は販売店で買い求めます。難聴のタイプに合わせて補聴器をきちんと調節してくれ、かつアフターケアを十分に行なってくれる販売店を選びましょう。耳鼻咽喉科医に販売店を紹介してもらうのが安全です。補聴器購入後に問題があれば、紹介した耳鼻咽喉科医に相談することができます。
 補聴器を選ぶ場合、値段、外観(形)、音の聞こえ方、使いやすさなどが判断材料になります。安価で小さい補聴器を選びたがる人が多いのですが、使いこなせなければ困ります。自分で使いこなせることが第1、音の聞きやすさが第2で、外観は最後の判断基準と考えれば、買っても使わないようなことにはなりません。
 補聴器の形には、耳の穴に入る耳穴型、本体は耳のうしろにかけて音をチューブで導き耳栓(みみせん)を耳に入れて使う耳かけ型、携帯(けいたい)ラジオのような本体からコードでつながるイヤホンを耳に入れて使う箱型、の3種類があります。
 補聴器自体の扱いやすさは、箱型、耳かけ型、耳穴型の順にむずかしくなります。
 活発に仕事をする人は、耳かけ型か耳穴型が生活のじゃまになりません。会話の際、座っていることが多い人や、会議のときだけ必要な人には箱型が有効です。価格は箱型、耳かけ型、耳穴型の順に高くなります。
◎補聴器の使い方
 補聴器は、音を大きくする器械ですから、スイッチを入れれば音が大きく聞こえます。
 難聴の人には、会話を聞くのにちょうどよい音の大きさがあり、音が大きすぎると会話が聞きとりにくくなります。適切な大きさで補聴器を使用できるよう、ボリュームの調節に慣れてください。
 補聴器の耳せんが耳を密閉しないと、音がもれ、それが補聴器で大きくされ、ピーピー音が発生します。ピーピー音は耳に有害ですから避けてください。耳せんを適切な大きさにしてください。また、補聴器をつけてからスイッチを入れ、スイッチを切ってから補聴器をはずすようにしてください。
 老人性難聴は、小さい音が聞こえない、大きすぎる音はたいへんうるさい、十分な大きさで聞いても、ことばの聞きまちがいがある、などの症状があります。
 補聴器はたんに音を大きくするだけなので、補聴器をつけても、ことばがはっきりしないことも少なくありません。また、補聴器をつけて聞きとれる音は3m以内です。補聴器をつけても、隣の部屋で話す会話を聞きとることはできません。
 家族の人は、補聴器をつければすべての話がわかると思うかもしれませんが、それはむりな話です。家族の協力が必要で、近づいて、正面から、ふつうの大きさの声で、ゆっくり、はっきりと話してください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

補聴器の選び方、使い方の関連キーワード計量診断辻占補聴器起訴便宜主義耳食判ずる占うエネルギー必要量捜査段階の精神鑑定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone