褊綴・褊裰(読み)へんとつ

精選版 日本国語大辞典「褊綴・褊裰」の解説

へん‐とつ【褊綴・褊裰】

〘名〙 (「とつ」は「綴」「裰」の慣用音) 法衣の一種。ともに僧服である偏衫(へんさん)と直綴(じきとつ)とを折衷して、十徳のように製した衣。主に空也宗の鉢叩の法衣であったが、江戸時代には羽織として医師や俗人の剃髪者などが着用した。へんてつ。〔文明本節用集(室町中)〕
狂歌・古今夷曲集(1666)一〇「よわみなくかたしないしな禅門はまだ幾年かへんとつをきん」

へん‐てつ【褊綴・褊裰】

日葡辞書(1603‐04)「Fentet(ヘンテツ)〈訳〉世俗僧が着用するドウフクの一種」
※談義本・銭湯新話(1754)二「褊綴(ヘンテツ)着た老法師

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android