褥瘡(床ずれ)(読み)じょくそうとこずれ

食の医学館の解説

じょくそうとこずれ【褥瘡(床ずれ)】

《どんな病気か?》


 寝たきりの人や、体にまひがあり、自分で体の向きや姿勢をかえられない人は、体重による圧迫が長時間、皮膚に加わることになります。
 そのため、その部分の血行が悪くなり、皮膚組織が酸素不足や栄養不足を起こします。これにより生じる組織の障害や壊死(えし)が褥瘡(じょくそう)(床ずれ)です。
 初期には皮膚に赤みがみられ、やがて水疱(すいほう)やびらんを生じるようになります。
 いったん、褥瘡ができると治りにくいので、エアマットを使い、2、3時間おきに体の向きをかえるなどして、皮膚への圧迫を減らすようにしてください。
 また発汗や失禁などで皮膚が湿ったり汚れた状態にあると、褥瘡を起こしやすくなるので、皮膚を清潔に保つことも予防のポイントです。

《関連する食品》


〈亜鉛が症状の回復を早めてくれる〉
○栄養成分としての働きから
 皮膚の代謝を促進し、血行をよくするビタミンE(ヒマワリ油やカボチャ、キンメダイ、サンマなど)をたっぷり補給します。
 ビタミンA(レバー、ウナギ、ニンジン、カボチャ)やビタミンC(イチゴ、ブロッコリー)も不足しないようにします。
 カキやレバーに含まれる亜鉛(あえん)には皮膚細胞の再生をうながし、症状の回復を早める働きがあります。

出典 小学館食の医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android