襄陽(中国)(読み)じょうよう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

襄陽(中国)
じょうよう / シヤンヤン

中国中部、湖北(こほく)省北西部の地級市。漢水(かんすい)中流に沿い唐白河(とうはくが)との合流点に位置する。襄城(じょうじょう)、樊城(はんじょう)など3市轄区、南漳(なんしょう)、谷城(こくじょう)、保康(ほこう)の3県を管轄し、老河口(ろうかこう)、棗陽(そうよう)、宜城(ぎじょう)の3県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口595万5000(2014)。1950年、北岸の樊城鎮と南岸の襄陽鎮を合併して市が設けられたことから襄樊(じょうはん)市となり、2010年襄陽市と改められた。

 襄陽の名は漢代に県が設けられて以来のものである。漢水に沿って、陝西(せんせい)、河南(かなん)方面から長江(ちょうこう)(揚子江(ようすこう))流域へ下る際の交通、軍事上の要衝であったため、後漢(ごかん)代に襄陽郡の治所が置かれてから、歴代、州や府の治所が設けられてきた。一方、樊城はこのような政治・軍事都市襄陽の対岸にあって、商業都市として発展した。現在も、本市は同方面の交通、経済の中心地である。漢丹線(武漢(ぶかん)―丹江口(たんこうこう))、焦柳線(焦作(しょうさく)―柳州(りゅうしゅう))、襄渝(じょうゆ)線の3鉄道が市内で交わり、近郊に襄陽劉集(りゅうしゅう)空港がある。また機械、紡績、化学、食品加工、電子などの工業が発達している。燐(りん)鉱石、金紅石などの鉱物資源が豊富である。

 市の西方の隆中(りゅうちゅう)山の東麓(とうろく)は、世に出る前の諸葛孔明(しょかつこうめい)(諸葛亮(しょかつりょう))が住んだ地として知られる。また野生ロウバイ保護区がある。

[河野通博・編集部 2017年8月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる