コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦作(読み)しょうさく

世界大百科事典 第2版の解説

しょうさく【焦作 Jiāo zuò】

中国,河南省北西部,太行山脈南麓に位置する鉱工業都市。人口60万(1994)。2市5県を管轄する。焦枝鉄道(焦作~枝城)の起点にあたり,太新鉄道(太原~新郷)によって新郷で京広鉄道(北京~広州)に接続している。もと修武県の一小鎮にすぎなかったが,石炭産業の発達によって,1956年に鉱山区に市制が敷かれた。良質の無煙炭を産し,〈中原煤都〉の称がある。その開発は1898年(光緒24)にイギリス,ドイツ,ベルギーなどの合資会社福公司が鉱山開発権を得て,ここで採炭を開始したのに始まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焦作
しょうさく / チャオツオ

中国、河南(かなん)省北部、山西(さんせい)省との省境の太行(たいこう)山脈南麓にある地級市。4市轄区、4県を管轄し、2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口369万6000(2014)。1956年に市となった。炭鉱の開発は唐代から始まり、20世紀初頭には中国最大級の良質の無煙炭炭鉱が開発された。また、鉄鋼やセメント、製薬工場なども建設され、河南省有数の工業都市に発展している。新月線(新郷(しんきょう)―月山)のほか、本市から洛陽(らくよう)東、南陽(なんよう)を経て、湖北(こほく)省襄陽(じょうよう)、枝城(しじょう)、湖南(こなん)省懐化(かいか)、広西(こうせい)チワン族自治区柳州(りゅうしゅう)へ向かう焦柳線が通じ、太焦線も山西省太原(たいげん)までつながり、石炭や工業製品の輸送が拡大している。2015年には高速鉄道の鄭焦城際鉄道(鄭州(ていしゅう)―焦作)が開通した。[駒井正一・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の焦作の言及

【河南[省]】より

…交通の大動脈は鉄道で,黄河南岸にそって東西に走る隴海(ろうかい)線(連雲港市~蘭州)と,鄭州でこれと直交する京広線(北京~広州)は中国鉄道の二大幹線をなしている。京広線の新郷から西の焦作までは新焦線があり,焦作からは1970年に焦枝(しようし)線(河南省焦作~湖北省宜都県の枝城)が完成した。これは洛陽で隴海線と交差し南西に向かって南陽盆地を通過するので,この方面の開発に大きな役割を演ずることとなった。…

※「焦作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android