コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襄樊 じょうはん

百科事典マイペディアの解説

襄樊【じょうはん】

中国,湖北省北西部の襄陽市の旧地名。漢水と白河の合流点にあり,漢水南岸の旧襄陽と北岸の樊城との合併都市。漢丹鉄路(漢西〜丹江口)に沿い,武漢から小汽船が運航する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうはん【襄樊 Xiāng fán】

中国,湖北省北部の都市。人口58万(1994)。襄陽と樊城が合併してできた。漢水が白河を合わせて,東南に流れを変える屈曲点にあり,襄陽は漢水の南岸に,樊城はその対岸に位置する。漢水を利用して西に漢中,東南は長江(揚子江)流域に達するほか,陸路を経て南陽や江陵,宜昌に向かうことができる。そのため商業が栄え,また南北に政権が分立するとき,あるいは異民族の中原支配が行われた際,しばしば抗争の地となった。とくに後漢末には,荆州の豪族を背景に劉表が独立の勢いを示し,襄陽がその根拠地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

襄樊
じょうはん / シヤンハン

中国、湖北(こほく/フーペイ)省北西部の地区級市。漢水(かんすい/ハンショイ)中流に沿い唐白河(とうはくが)との合流点に位置する。襄陽(じょうよう)、南(なんしょう)、谷城(こくじょう)、保康(ほこう)の4県を管轄し、老河口、棗陽(そうよう)、宜城(ぎじょう)の3市の管轄代行を行う。総人口572万5568、市轄区人口73万4323(2000)。1950年、北岸の樊城鎮と南岸の襄陽鎮を合併して市が設けられたことから現在の名が生まれた。襄陽の名は漢代に県が設けられて以来のものである。漢水に沿って、陝西(せんせい/シャンシー)、河南方面から長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))流域へ下る際の交通、軍事上の要衝であったため、後漢(ごかん)代に襄陽郡の治所が置かれてから、歴代、州や府の治所が設けられてきた。樊城はこのような政治・軍事都市襄陽の対岸にあって、商業都市として発展した。現在も、市は同方面の交通、経済の中心地で、漢丹(かんたん)、焦枝(しょうし)、襄渝(じょうゆ)の3鉄道が市内で交わり、機械、紡績、化学、食品加工、電子などの工業が発達している。市の西方の隆中(りゅうちゅう)山の東麓(とうろく)は、世に出る前の諸葛孔明(しょかつこうめい)が住んだ地として知られる。また野生ロウバイ保護区がある。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

襄樊の関連キーワードラオホーコウ(老河口)市シヤンユイ(襄渝)鉄道チヤオチー(焦枝)鉄道白河(中国、河南省)ソイチョウ(随州)市フーペイ(湖北)省シアンファン四川(省)湖北[省]湖広平野襄渝線関羽龐統道安十堰達県武帝焦作

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android