(読み)ヒダ

デジタル大辞泉の解説

ひだ【×襞】

衣服や布地などにつけた細長い折り目。
衣服のひだのように見えるもの。精神的なものについてもいう。「山の」「心のに触れる」
キノコの傘の裏側にあるしわ。菌褶(きんしゅう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひだ【襞】

衣服などで、布を折りたたんだ部分。 「スカートの-」
のように見えるもの。 「山の-」
複雑で微妙な部分。 「心の-」
マツタケ・ハラタケ・テングタケなどの類のきのこの傘の裏面にあるしわ。このしわの両側に子実層があり、胞子を生ずる。菌褶きんしゆう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

襞の関連情報