コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西吟(1) さいぎん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西吟(1) さいぎん

1605-1663 江戸時代前期の僧。
慶長10年生まれ。豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)の浄土真宗本願寺派永照寺住職。紀伊(きい)性応寺の了尊(りょうそん)に師事。京都東福寺で禅をまなぶ。正保(しょうほ)4年本願寺学寮の初代能化(のうけ)(学頭)となる。承応(じょうおう)2年の月感(げっかん)との論争は,幕府の裁定をあおぐにいたり,学寮は閉鎖された。寛文3年8月15日死去。59歳。号は照黙。著作に「正信偈(しょうしんげ)要解」「客照問答集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西吟(1)の関連キーワードレオ11世部落問題フョードル2世ファン=フリート紀海音霊元天皇モリエール日本の医学史(年表)出版薩摩焼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android