コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西有田 にしありた

2件 の用語解説(西有田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西有田
にしありた

佐賀県西部,有田町北西部の旧町域。有田川の中流域に広がる。 1955年曲川村と大山村が合体して西有田村となり,1965年町制。 2006年有田町と合体。古くからの窯業地で,和洋食器,タイルセメント瓦などの工場が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西有田
にしありた

佐賀県西端、西松浦(にしまつうら)郡にあった旧町名(西有田町(ちょう))。現在は有田町の北部と西部を占める地域。長崎県佐世保(させぼ)市に接する。旧西有田町は、1965年(昭和40)町制施行。2006年(平成18)有田町(まち)と合併して新しく有田町(ちょう)となった。伊万里(いまり)湾に注ぐ有田川が地域の中央部を北流し、これに沿って、松浦鉄道、国道202号が通じ、北西部を国道498号が走る。西の県境には、玄武岩の八天(はってん)岳(707メートル)など国見(くにみ)山系が南北に連なるが、国見トンネルが1977年(昭和52)開通し、佐世保―福岡間の道路交通の主要幹線となった。第三紀層や沖積層が広がり、米作のほか肉用牛、鶏などの畜産が目だち、ミカン、ブドウほか複合経営が進む。干害に悩み、竜門(りゅうもん)ダムなどができる。古窯跡が点在し、広瀬(ひろせ)山などに陶磁器工場が立地。南端の国道35号近くに深川(ふかがわ)製磁、岩尾磁器工業など旧有田町の企業進出が目だつ。縄文遺跡に富み、坂の下(さかのした)遺跡から採取したアラカシの実が発芽成育し脚光を浴びる。東端に黒髪山(くろかみやま)県立自然公園がある。[川崎 茂]
『『西有田町史』全4冊(1986~1988・西有田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西有田の関連キーワード有田有田〈町〉佐賀県西松浦郡有田町泉山佐賀県西松浦郡有田町大樽佐賀県西松浦郡有田町北ノ川内乙佐賀県西松浦郡有田町北ノ川内丙佐賀県西松浦郡有田町幸平佐賀県西松浦郡有田町白川佐賀県西松浦郡有田町中樽西有田〈町〉

西有田の関連情報