コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西彼 せいひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西彼
せいひ

長崎県中部,西海市東部の旧町域。西彼杵半島の北東部にあり,大村湾に面する。 1961年大串村と亀岳村が合体して西彼村となり,1969年町制。 2005年大島町,大瀬戸町,西海町,崎戸町と合体し西海市となる。農業地域で,米作,野菜栽培,畜産が主であったが,近年はミカン栽培,西彼高原では野菜の抑制栽培が発達。大村湾に臨む亀ノ浦や大串湾などでは真珠養殖が行なわれる。 1955年北端に西海橋が架設され,経済面などで佐世保市とのつながりが大きくなった。 1980年東部に自然動物公園長崎バイオパーク,1983年にはテーマパーク長崎オランダ村 (2001閉園) が開園した。湾岸部は大村湾県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西彼
せいひ

長崎県西彼杵(にしそのぎ)半島の北東部に位置し、西彼杵郡に属した旧町名(西彼町(ちょう))。現在は西海(さいかい)市の東部を占める。旧西彼町は1961年(昭和36)亀岳(かめだけ)、大串(おおくし)の2村が合併して西彼村となり、1969年町制施行。2005年(平成17)西海町、大島(おおしま)町、崎戸(さきと)町、大瀬戸(おおせと)町と合併、市制施行して西海市となった。旧西彼町は針尾(はりお)瀬戸を隔てて針尾島と相対し、陸の孤島とよばれていたが、1955年西海橋が架設され、また国道206号が完成して交通路が開かれた。農業は米、いも、スイカを主産物としたが、その後ミカン園が増大し、西海橋近くの小迎(こむかえ)にはミカン選果場が設けられている。大村湾に臨む亀ノ浦や大串湾、川内(かわち)浦では真珠養殖が盛ん。南部の峰岳では玄武岩の採石が行われ、平原(ひらばる)には江戸前期のキリシタン墓碑(県指定史跡)がある。1980年に動植物公園の長崎バイオパークが開園、1983年にはテーマパークの長崎オランダ村がオープンした。しかし、長崎オランダ村は入場者数が大きく落ち込み2001年(平成13)休園となった。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西彼の関連キーワード長崎県西彼杵郡長与町本川内郷長崎県西彼杵郡長与町平木場郷長崎県西彼杵郡時津町西時津郷長崎県西彼杵郡時津町子々川郷長崎県西彼杵郡長与町まなび野長崎県西彼杵郡長与町吉無田郷長崎県西彼杵郡時津町久留里郷長崎県西彼杵郡長与町斉藤郷長崎県西彼杵郡時津町左底郷長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷長崎県西彼杵郡長与町高田郷長崎県西彼杵郡時津町日並郷長崎県西彼杵郡時津町元村郷長崎県西彼杵郡長与町三根郷長崎県西彼杵郡長与町丸田郷長崎県西彼杵郡時津町浦郷大島(長崎県の旧町名)西彼杵半島県立自然公園西海(長崎県)長崎県西海市

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西彼の関連情報