コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見え透く ミエスク

デジタル大辞泉の解説

みえ‐す・く【見え透く】

[動カ五(四)]
底・中まで透いて見える。向こうまで透けて見える。
「硝子越に彼方から―・くのを」〈鏡花婦系図
相手が、隠そうとしている考え・意図がよくわかる。「―・いたうそ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みえすく【見え透く】

( 動五[四] )
すきとおって底や向こう側まで見える。 「硝子越に彼方から-・くのを/婦系図 鏡花
本心・結果などがよくわかる。 「 - ・いたうそ」 「今年も飽気なく過ぎてしまふのが-・くやうに思はれた/泥人形 白鳥

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

見え透くの関連キーワード

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android