見通す(読み)ミトオス

  • みとお・す〔とほす〕
  • 見通す/見▽透す

デジタル大辞泉の解説

[動サ五(四)]
初めから終わりまで休まずに見る。見つづける。「退屈な芝居を最後まで―・す」
何にもさえぎられずに遠くまで一目に見る。「窓から富士山を―・す」
人の心や目に見えない内面の物事を見抜く。「彼の意図を―・す」
物事のなりゆきや、将来のことを予測する。「景気の動向を―・す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

初めから終わりまで全部見る。 昼夜興行を-・す
さえぎられずに遠くまで見る。 屋上からは海岸まで-・すことができる
人の気持ち・将来など、見えないところまで見る。 先を-・す 縫ひたる糸、針目までやは-・しつる/枕草子 84
[可能] みとおせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見通すの関連情報