コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見通す/見透す ミトオス

デジタル大辞泉の解説

み‐とお・す〔‐とほす〕【見通す/見透す】

[動サ五(四)]
初めから終わりまで休まずに見る。見つづける。「退屈な芝居を最後まで―・す」
何にもさえぎられずに遠くまで一目に見る。「窓から富士山を―・す」
人の心や目に見えない内面の物事を見抜く。「彼の意図を―・す」
物事のなりゆきや、将来のことを予測する。「景気の動向を―・す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みとおす【見通す】

( 動五[四] )
初めから終わりまで全部見る。 「昼夜興行を-・す」
さえぎられずに遠くまで見る。 「屋上からは海岸まで-・すことができる」
人の気持ち・将来など、見えないところまで見る。 「先を-・す」 「縫ひたる糸、針目までやは-・しつる/枕草子 84
[可能] みとおせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見通す/見透すの関連キーワード御釈迦様でも気がつくまい細い目で長く見よ三寸俎板を見抜く眼光紙背に徹する眼光紙背に徹す達人は大観す目先が利く先が見える地平距離ビジョン大所高所御天道様千里眼見越し読切る近視眼天眼通枕草子天眼鏡五神通

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android