見通す(読み)ミトオス

デジタル大辞泉「見通す」の解説

み‐とお・す〔‐とほす〕【見通す/見透す】

[動サ五(四)]
初めから終わりまで休まずに見る。見つづける。「退屈な芝居を最後まで―・す」
何にもさえぎられずに遠くまで一目に見る。「窓から富士山を―・す」
人の心や目に見えない内面物事を見抜く。「彼の意図を―・す」
物事のなりゆきや、将来のことを予測する。「景気の動向を―・す」
[類語](2見渡す見晴らす見晴るかす/(3見透かす見え透く透視/(4見込む見越す見計らう見積もる見極める見据える見定める見届ける予測予想予知予断予見勘定計算見当

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android