コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見通す/見透す ミトオス

2件 の用語解説(見通す/見透すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐とお・す〔‐とほす〕【見通す/見透す】

[動サ五(四)]
初めから終わりまで休まずに見る。見つづける。「退屈な芝居を最後まで―・す」
何にもさえぎられずに遠くまで一目に見る。「窓から富士山を―・す」
人の心や目に見えない内面の物事を見抜く。「彼の意図を―・す」
物事のなりゆきや、将来のことを予測する。「景気の動向を―・す」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みとおす【見通す】

( 動五[四] )
初めから終わりまで全部見る。 「昼夜興行を-・す」
さえぎられずに遠くまで見る。 「屋上からは海岸まで-・すことができる」
人の気持ち・将来など、見えないところまで見る。 「先を-・す」 「縫ひたる糸、針目までやは-・しつる/枕草子 84
[可能] みとおせる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見通す/見透すの関連キーワード一から十まで一部始終終始終年全曲ピンからキリまで目通し一伍一什始め終はり読下す

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone