見取り(読み)ミトリ

デジタル大辞泉の解説

み‐とり【見取り】

見取ること。見て知ること。また、見て写し取ること。「見取り芸(=見て覚えた芸)」
(「看取り」とも書く)病人のそばにいて、いろいろと世話をすること。看病。また、その人の臨終に付き添うこと。
「力(つと)めて俊三の傍に―して居たが」〈木下尚江良人の自白
江戸時代、やせた土地や開発後間もない新田などで収穫が不安定な場合、石高をつけずに、坪刈りをして納米高を決めたこと。
見取り小作」の略。

み‐どり【見取り】

見て多くのものの中から選び取ること。「より取り見取り
歌舞伎人形浄瑠璃で、通し狂言にせず、見所のある幕・段を選び集めて上演すること。宝暦(1751~1764)ごろに始まり、歌舞伎で明治以後、人形浄瑠璃で昭和以後に主流となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みとり【見取り】

( 名 ) スル
見て知ること。
江戸時代、毎年収穫不同の土地の作況を調べて納米高を決めたこと。
見取り小作のこと。
「見取り算」の略。 → みどり(見取)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見取りの関連情報