コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見取り ミトリ

3件 の用語解説(見取りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐とり【見取り】

見取ること。見て知ること。また、見て写し取ること。「見取り芸(=見て覚えた芸)」
(「看取り」とも書く)病人のそばにいて、いろいろと世話をすること。看病。また、その人の臨終に付き添うこと。
「力(つと)めて俊三の傍に―して居たが」〈木下尚江良人の自白
江戸時代、やせた土地や開発後間もない新田などで収穫が不安定な場合、石高をつけずに、坪刈りをして納米高を決めたこと。
見取り小作」の略。

み‐どり【見取り】

見て多くのものの中から選び取ること。「より取り見取り
歌舞伎人形浄瑠璃で、通し狂言にせず、見所のある幕・段を選び集めて上演すること。宝暦(1751~1764)ごろに始まり、歌舞伎で明治以後、人形浄瑠璃で昭和以後に主流となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みとり【見取り】

( 名 ) スル
見て知ること。
江戸時代、毎年収穫不同の土地の作況を調べて納米高を決めたこと。
見取り小作のこと。
「見取り算」の略。 → みどり(見取)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見取りの関連キーワード見知り見知る見て取る見取り小作見取る選り取り見取り観取知見見習う見て見ぬ振りをする

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見取りの関連情報