コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見取り ミトリ

デジタル大辞泉の解説

み‐とり【見取り】

見取ること。見て知ること。また、見て写し取ること。「見取り芸(=見て覚えた芸)」
(「看取り」とも書く)病人のそばにいて、いろいろと世話をすること。看病。また、その人の臨終に付き添うこと。
「力(つと)めて俊三の傍に―して居たが」〈木下尚江良人の自白
江戸時代、やせた土地や開発後間もない新田などで収穫が不安定な場合、石高をつけずに、坪刈りをして納米高を決めたこと。
見取り小作」の略。

み‐どり【見取り】

見て多くのものの中から選び取ること。「より取り見取り
歌舞伎人形浄瑠璃で、通し狂言にせず、見所のある幕・段を選び集めて上演すること。宝暦(1751~1764)ごろに始まり、歌舞伎で明治以後、人形浄瑠璃で昭和以後に主流となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みとり【見取り】

( 名 ) スル
見て知ること。
江戸時代、毎年収穫不同の土地の作況を調べて納米高を決めたこと。
見取り小作のこと。
「見取り算」の略。 → みどり(見取)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見取りの関連キーワード朝日新聞と東大蒲島・谷口両研究室との共同調査マラン(Louis Marin)三遊亭 円朝(初代)読み上げ算・読上げ算パースペクティブコーンウォリス砦バーチャル博物館社会主義国際分業選り取り見取り桑山古墳私考マルクス主義類聚雑要抄村松貞次郎新医療計画実存の哲学中世社会からくり見取り算氷見事件北原白秋

見取りの関連情報