コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪刈(り) ツボガリ

3件 の用語解説(坪刈(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つぼ‐がり【坪刈(り)】

田地1坪の稲を刈り取り、それを基礎として全体の収穫量を算出すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

坪刈【つぼがり】

一坪刈,歩刈とも。検見に際して検見役人が村内田地の上・中・下各等級の任意の1坪のイネを刈り取り,その収量を調べること。これにより全収量を見積もり,租率決定の基準とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坪刈
つぼがり

江戸時代、田の稲を一坪刈り取り、その収穫高を検査すること。凶作などのとき、田の作柄を見て(検見(けみ))年貢を賦課するが、その作柄を見るとき、坪刈を行って、その年の収穫高を確定し、年貢高を決めた。坪刈をする場合、田の上田・中田・下田の三か所ずつ、計九か所を選んで各一坪の稲を刈り、その田の収穫高を検査した。たとえば、その結果、一坪に籾(もみ)六合の収量があれば、五合摺(ずり)として一反に玄米九斗の収穫ということになり、その収穫高に年貢率を掛けて年貢高を決定した。[川鍋定男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坪刈(り)の関連キーワード大検見地方凡例録有毛検見検見小検見畝引検見遠検見遠見検見内見平林新七

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone