坪刈(読み)つぼがり

日本大百科全書(ニッポニカ)「坪刈」の解説

坪刈
つぼがり

江戸時代、田のを一坪刈り取り、その収穫高を検査すること。凶作などのとき、田の作柄を見て(検見(け))年貢を賦課するが、その作柄を見るとき、坪刈を行って、その年の収穫高を確定し、年貢高を決めた。坪刈をする場合、田の上田・中田・下田の三か所ずつ、計九か所を選んで各一坪の稲を刈り、その田の収穫高を検査した。たとえば、その結果、一坪に籾(もみ)六合の収量があれば、五合摺(ずり)として一反に玄米九斗の収穫ということになり、その収穫高に年貢率を掛けて年貢高を決定した。

[川鍋定男]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「坪刈」の解説

坪刈
つぼがり

江戸時代,課税法の一つである検見 (けみ) の方法
歩刈 (いちぶがり) ともいう。検見の役人が村内の上・中・下の各田地1坪を選んで刈り,その収穫を検査して,全収穫を推定し,租率決定の基礎としたもの。明治時代以降も続いて用いられた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「坪刈」の解説

つぼ‐がり【坪刈】

〘名〙 江戸時代、年貢の租率を決めるために、上・中・下田一坪(約三・三平方メートル)当たりの稲を刈り取って、その平均実収量を算定すること。歩刈。舂法(ついほう)
※俳諧・孤松(1687)秋「坪刈に床見られたる鶉かな〈定克〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「坪刈」の解説

坪刈【つぼがり】

一坪刈,歩刈とも。検見に際して検見役人が村内田地の上・中・下各等級の任意の1坪のイネを刈り取り,その収量を調べること。これにより全収量を見積もり,租率決定の基準とした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「坪刈」の解説

つぼ‐がり【坪刈(り)】

田地1坪の稲を刈り取り、それを基礎として全体の収穫量を算出すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android