コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見附市 みつけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

見附〔市〕
みつけ

新潟県中部,新潟平野の南東部にある市。 1954年葛巻,新潟の2村と上北谷村の一部を編入して市制。 56年今町を編入。中心市街地信濃川支流の刈谷田川の谷口にある。文政年間 (1818~30) から機業が盛んで,現在では工業技術センターや化繊服地,ニット生地,ニット製品の卸商,中継商が軒を連ね,織物工場が群立している。見附油田があり,石油,天然ガスも産出し,今町の毛筆は特産。天保4 (1833) 年当時の機業者たちが勧請した棚織神社があり,毎年6月初旬刈谷田川河畔で行われる凧合戦は有名。 JR信越本線,国道8号線が通る。面積 77.91km2。人口 4万608(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みつけ‐し【見附市】

見附

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

見附市の関連情報