コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈谷田川 カリヤタガワ

2件 の用語解説(刈谷田川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かりやた‐がわ〔‐がは〕【刈谷田川】

新潟県中央部を流れる川。信濃川の支流の一。守門(すもん)岳(標高1537メートル)付近に源を発し、三条市の西方で信濃川に注ぐ。長さ54キロ。上流は河岸段丘が発達、平野部は米の産地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刈谷田川
かりやたがわ

新潟県の中央を貫流する信濃(しなの)川の一支流。源を新潟・福島県境の守門岳(すもんだけ)付近に発し、栃尾(とちお)盆地の西谷、東谷、塩谷(しおたに)の3支流をあわせて、東山丘陵を横断し、中越平野の低湿地帯を蛇行して新信濃川の下流で本流に合流する。延長52.2キロメートル。上流は段丘地形の発達する栃尾盆地を構成し、平野部では八丁潟(はっちょうがた)、中之島(長岡(ながおか)市)の低湿地の排水、灌漑(かんがい)の主軸として中越米の米どころをなす。近世は地蔵堂(じぞうどう)(燕(つばめ)市分水(ぶんすい)地区)から今町、見附(みつけ)(見附市)まで河川舟運が発達して、八十里越(ごえ)の会津御蔵入郷(おくらいりごう)の物資輸送が行われ、谷口から栃尾までは栃尾船道(ふなどう)も通じていた。長岡(ながおか)市大堰(おおぜき)には見附市の水道浄水池があり、今町の堤防上で6月上旬に行われる大凧(おおだこ)合戦が名物。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刈谷田川の関連情報