親鉄元素(読み)しんてつげんそ(英語表記)siderophile element

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親鉄元素
しんてつげんそ
siderophile element

隕石質の物質が融解して金属相,硫化物相,ケイ酸塩相に分離した仮想的な状態において,金属相 (特に鉄) に取込まれる傾向のある元素。 V.ゴルトシュミットによる元素の性質に関する地球化学的分類 (1922) の一つ。 VIII族元素,金,レニウムモリブデンゲルマニウムイリジウム,スズ,炭素,リンなどがこれに含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

親鉄元素【しんてつげんそ】

V.M.ゴルトシュミットによる元素の地球化学的分配に伴う元素分類法の一族で主として鉄核心に濃集する元素。彼は,地球が1個の融体から冷却して現在に至る進化の過程を,溶鉱炉における過程や当時の地球成因論に立脚して考察し,地球は混合しない3層からなっていると推定。最も比重の大きい中心部をなす鉄核心と,これを包む硫化物・酸化物の中間層と,地球表面のケイ酸塩皮殻の3層であるとし,すべての元素がどれかの層に分配されるとした。Fe,Co,Ni,Mo,Pt,Os,Ir,Ru,Rh,Pdなどがある。→親気元素親生元素親石元素親銅元素

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

親鉄元素

隕石の鉄の相に濃集して産する元素で,おそらく地球の核の部分に産すると推測されるもの.Fe, Ni, Co, P. C. Mo, Ptなどである[Goldschmidt : 1954].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんてつげんそ【親鉄元素】

元素の地球化学的な分類の一。地球の核に集まる元素の一群。鉄・ニッケル・コバルトなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親鉄元素
しんてつげんそ
siderophile element

元素分配の第一段階で、地球の最深層である心核(深さ2900キロメートルから6400キロメートルの中心まで)の金属鉄に富む液相に集まったとみなされる元素。酸素、硫黄(いおう)などと比較的結合しにくく、遊離金属のまま存在するか、または鉄と化合して固溶体をつくりやすいものが多い。たとえば、鉄、コバルト、ニッケル、ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金、金、ゲルマニウム、スズ、炭素、リンなどが親鉄元素である。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の親鉄元素の言及

【元素】より

…残りの陽性元素(M)は,自由エネルギーの大小に応じてM+ケイ酸鉄⇄ケイ酸M+Fe,M+硫化鉄⇄硫化M+Feの反応を起こし,Feより弱い陽性元素はFeによって遊離されて金属鉄相に追い込まれ,硫化物相にはSや非金属元素と同極化合物をつくる元素,および非金属イオン濃度の高いイオン性環境に存在しにくい元素が配分された。この化学平衡関係による地球化学的配分によって,元素は親鉄元素,親銅元素,親石元素,親気元素に分類される(表5参照)。以上のほかに,生物圏に集まる親生元素がある。…

※「親鉄元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android