コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計量地理学 けいりょうちりがく quantitative geography

2件 の用語解説(計量地理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計量地理学
けいりょうちりがく
quantitative geography

数学的手法を用いて,一般的な法則性を求めようとする地理学の一分野。地理学のうち,特に人文地理学は,記述的,定性的な傾向が強く,計測的理論的な傾向が少なかった。この反省に加え,第2次世界大戦後,コンピュータの利用や数学的手法が急速に進むにつれて発達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいりょうちりがく【計量地理学 quantitative geography】

計量的手法を用いて,事象の分析,解釈をすすめ,また,モデル化を通じて法則化を行う地理学の一分野。1930年代から松井勇らによって,推計学,確率論の導入が試みられたが,60年ころから,北欧,ついで北米を中心にして〈計量革命〉を軸とする〈新しい地理学〉が唱えられ,方法論として定着した。計量地理学は,単に分析手法として計量的方法を用いるのみでなく,記述に偏しがちであった従来の地理学に対して,法則定立を目的とするという立場から,バンジW.Bungeらは〈理論地理学〉と称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

計量地理学の関連キーワード統計的手法市場分析数理経済学事象の地平面クオンツ計量器ベイズ推定四重極質量分析計ホイットワースの定理《人間精神の現象の分析》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone