計量地理学(読み)けいりょうちりがく(英語表記)quantitative geography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計量地理学
けいりょうちりがく
quantitative geography

数学的手法を用いて,一般的な法則性を求めようとする地理学の一分野。地理学のうち,特に人文地理学は,記述的,定性的な傾向が強く,計測的理論的な傾向が少なかった。この反省に加え,第2次世界大戦後,コンピュータの利用や数学的手法が急速に進むにつれて発達した。この計量地理学こそ理論地理学であり,地理学の本質に接近するものとされたが,今日では,地理学研究の一つの方法であると理解されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいりょうちりがく【計量地理学 quantitative geography】

計量的手法を用いて,事象の分析,解釈をすすめ,また,モデル化を通じて法則化を行う地理学の一分野。1930年代から松井勇らによって,推計学,確率論の導入が試みられたが,60年ころから,北欧,ついで北米を中心にして〈計量革命〉を軸とする〈新しい地理学〉が唱えられ,方法論として定着した。計量地理学は,単に分析手法として計量的方法を用いるのみでなく,記述に偏しがちであった従来の地理学に対して,法則定立を目的とするという立場から,バンジW.Bungeらは〈理論地理学〉と称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android