コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記する キスル

デジタル大辞泉の解説

き・する【記する】

[動サ変][文]き・す[サ変]
書きとめる。しるす。「碑文に―・する」
しっかりと記憶する。「に―・する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きする【記する】

( 動サ変 ) [文] サ変 き・す
書きとめる。しるす。 「由来を-・する」
覚えている。記憶する。 「心に-・して忘れない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

記するの関連キーワードNiHバッテリードット・アドレス納税者番号制度電子常磁性共鳴ベクトル心電計出目オランダ双務支払協定字音仮名遣いエトセトラ六八〇〇〇死体公示所マイクロ秒フェムト秒載貨喫水線居川まりさXPath補酵素A表音文字vol.外税方式

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記するの関連情報