コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記す/誌す/識す シルス

デジタル大辞泉の解説

しる・す【記す/誌す/識す】

[動サ五(四)]
文字や文章などを書きつける。書きとめる。記録する。「氏名を―・す」「感想を―・す」
記憶にしっかりとどめる。忘れないようによく覚えておく。「今日の喜びを胸に―・す」
書く用法
[可能]しるせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きす【記す】

( 動五 )
〔サ変動詞「記する」の五段化〕 「記する」に同じ。 「上欄には-・さないこと」
( 動サ変 )
きする

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

記す/誌す/識すの関連キーワード検察官面前調書headerサブジェクトエピグラフ日付・日附付記・附記橿園随筆モル濃度謹賀新年編集後記手日記旅日記総仮名宣命体勘定帳上所移記鼇頭掲記誤記

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android