コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記す/誌す/識す シルス

デジタル大辞泉の解説

しる・す【記す/誌す/識す】

[動サ五(四)]
文字や文章などを書きつける。書きとめる。記録する。「氏名を―・す」「感想を―・す」
記憶にしっかりとどめる。忘れないようによく覚えておく。「今日の喜びを胸に―・す」
書く用法
[可能]しるせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きす【記す】

( 動五 )
〔サ変動詞「記する」の五段化〕 「記する」に同じ。 「上欄には-・さないこと」
( 動サ変 )
きする

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

記す/誌す/識すの関連キーワード検察官面前調書footerサブジェクトheader日付・日附隠し落款橿園随筆モル濃度謹賀新年編集後記手日記五代史岳温泉宣命体総仮名旅日記勘定帳墨痕略記位牌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android