認める(読み)ミトメル

デジタル大辞泉「認める」の解説

みと・める【認める】

[動マ下一][文]みと・む[マ下二]
目にとめる。存在を知覚する。気づく。「人影を―・めた」「どこにも異常は―・められない」
見て、また考えて確かにそうだと判断する。「有罪と―・める」「頭がよいと―・める」
正しいとして、また、かまわないとして受け入れる。「自分のを―・める」「試験教科書の持ち込みを―・める」
能力があると判断する。「世に―・められる」
気をつけて見る。じっと見る。
「五百のを心静かに―・めしに」〈一代女・六〉
[類語](1見る目撃する確認する認知する看取する見て取る見取る見掛ける見受ける見える目に入る目にする目に留まる目に付く目を射る/(2見なす判断する判定する認定する/(3承認する同意する肯定するうべなううけがう是認する容認する認容する許容する許可する認許する認可する公認する許す受け入れる聞き入れる聞き届ける承諾する・受諾する・受け付ける心得る応じる承る承服する・黙認する・自認する・約諾する・快諾する・内諾する・甘受する・オーケーする・受容する・見逃す見過ごす大目に見る目をつぶる目こぼしする・見て見ぬ振りをする/(4買う評価する一目置く

したた・める【認める】

[動マ下一][文]したた・む[マ下二]
書き記す。「手紙を―・める」
食事をする。
夕餉を―・めに階下へ下りる頃は」〈梶井・冬の日〉
整理する。処理する。
「万の事ども―・めさせ給ふ」〈須磨
支度する。
「河中の橋を踏まば落つるやうに―・めて」〈平家・五〉
[類語](1書く記す書き表す書き立てる記する書き記す書き綴る書き込む書き入れる記入記載筆記記帳記録速記/(2食べる食うしょくする喫する食らう平らげるぱくつく頰張ほおばき込むつつく賞味する味わう口にするはしを付ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android