認める(読み)シタタメル

  • ▽認める
  • したた・める
  • みと・める

デジタル大辞泉の解説

[動マ下一][文]したた・む[マ下二]
書き記す。「手紙を―・める」
食事をする。
「夕餉を―・めに階下へ下りる頃は」〈梶井・冬の日〉
整理する。処理する。
「万の事ども―・めさせ給ふ」〈・須磨〉
支度する。
「河中の橋を踏まば落つるやうに―・めて」〈平家・五〉
[動マ下一][文]みと・む[マ下二]
目にとめる。存在を知覚する。気づく。「人影を―・めた」「どこにも異常は―・められない」
見て、また考えて確かにそうだと判断する。「有罪と―・める」「頭がよいと―・める」
正しいとして、また、かまわないとして受け入れる。「自分の非を―・める」「試験に教科書の持ち込みを―・める」
能力があると判断する。「世に―・められる」
気をつけて見る。じっと見る。
「五百の仏を心静かに―・めしに」〈浮・一代女・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android