コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)入れる カキイレル

デジタル大辞泉の解説

かき‐い・れる【書(き)入れる】

[動ラ下一][文]かきい・る[ラ下二]
余白や行間などに、文字や文を書き加える。書き込む。「出典の原文を―・れる」
定められたところに、必要な事項を書き込む。記入する。「住所・氏名を―・れる」
抵当として証文に記入する。
「家内の雑作(ざふさく)道具まで、―・れたりし利付の金」〈人・辰巳園・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

書(き)入れるの関連キーワード註釈学派達磨市

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android