コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許昌 きょしょう

百科事典マイペディアの解説

許昌【きょしょう】

中国,河南省中部にある都市。京広鉄路に沿う交通・商業の要地。付近は良質のタバコの産地。旧名を許州といい周代から開けた古都で,曹操の根拠地としても有名。42万人(2014)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょしょう【許昌 Xǔ chāng】

中国,河南省中部,京広鉄道(北京~広州)沿線の商工業都市。人口30万(1994)。2市2県を管轄する。西周春秋時代は許国の地で,秦代に許県となり,後漢末,関中が混乱状態におちいったとき,曹操は献帝を擁して天下に覇をとなえようとこの地に都した。三国の魏のとき許昌と改められた。五都(ほかに洛陽長安,譙(しよう),鄴(ぎよう))の一つである。五代・唐のとき許田県と改められ,宋代に長社県に,明代は許州の州治となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

許昌
きょしょう / シュイチャン

中国、河南(かなん/ホーナン)省中央部にある市。同名地区と県の公署および政府所在地。京広鉄道沿線にあり、自動車道も鄭州(ていしゅう/チョンチョウ)、開封(かいほう/カイフォン)、襄城(じょうじょう)などに通じる。車両、農業機械製造工業が発達している。許昌地区は「タバコ王国」とよばれ、1915年以降、(カオイエン)(火で乾燥させるタバコ)栽培が盛んであり、市はその集散地で、国立タバコ科学試験場がある。春秋時代に許国、三国時代には魏(ぎ)の国都が置かれ、中原(ちゅうげん)(黄河中・下流の平原地帯)の一中心として発展した。[駒井正一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

許昌の関連キーワードシュイチャン(許昌)特別市ホーナン(河南)省王建(中国)シューチャン河南(省)三国時代朱仙鎮朱士行鍾繇湯王潁河陳羣荀彧王建慧遠鄭州

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

許昌の関連情報