コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証人審問権 しょうにんしんもんけん

2件 の用語解説(証人審問権の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうにんしんもんけん【証人審問権】

憲法が刑事被告人に保障している権利の一つ。すなわち,刑事被告人は,すべての証人に対して審問する機会を十分に与えられ,また公費で自己のために強制的手続により証人を求める権利を有する(憲法37条2項)。人的証拠においては,人の供述内容が立証の資料となる。そこには,物的証拠とは異なり,さまざまな主観的要因が加わるため,その証明力を判断するには少なからぬ困難が伴う。したがって,例えば犯行の目撃者などは,これを証人として直接に公判廷に呼び出し,当事者反対尋問にさらす必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

証人審問権
しょうにんしんもんけん

すべての証人に対して審問する機会を十分に与えられる刑事被告人の権利をいう。憲法第37条2項前段は証人審問権を国民の権利として保障している。これについて判例は、憲法第37条2項の規定は、職権または請求により喚問した証人につき反対尋問の機会を充分に与えなければならないというのであって、尋問の際に反対尋問の機会を与えない証人その他の供述は絶対に証拠としてはならないという意味ではない(昭和24年5月18日最高裁判所大法廷判決)とし、また、被告人が退廷を命じられ、退廷中に証人尋問が行われても、弁護人が尋問に立ち会い、かつ被告人に証言の要旨を告げ証人尋問を促した場合には、憲法第37条2項に違反しない(昭和25年3月15日最高裁判所大法廷判決)としている。[内田一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

証人審問権の関連キーワード戒具社会権弁護人黙秘権教育権共同被告人刑事被告人拘置監接見交通権通貨オプション(Currency Options)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

証人審問権の関連情報