コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝聞証拠 でんぶんしょうこ hearsay evidence

翻訳|hearsay evidence

6件 の用語解説(伝聞証拠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝聞証拠
でんぶんしょうこ
hearsay evidence

ある事実についての証拠となるべき体験を体験者自身が公判廷で供述するかわり,他の形で伝達するもの。他人からその体験を伝え聞いた者がそれを公判廷で供述する場合や,体験者の陳述を録取した書面が公判廷に提出される場合が,これにあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんぶん‐しょうこ【伝聞証拠】

証人自身の知見によらない、また聞きの証拠。
反対尋問を経ていない供述刑事訴訟法上、証拠能力が制限される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伝聞証拠【でんぶんしょうこ】

反対尋問(交互尋問を参照)を経ていない供述。ある事実を体験した者の供述を聞いた他人がそれを公判廷で供述する伝聞供述のほか,体験者自身が体験した事実を書面に記して裁判所に提出する供述書もこれに含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

でんぶんしょうこ【伝聞証拠】

刑事裁判において,犯行の目撃者などAがみずから公判廷で証言することなく,Aから話を聞いたBが証人としてその内容を供述し(いわゆる〈また聞き〉の供述),あるいはAの供述を記載した書面が提出されるとき,それらを伝聞証拠という。すなわち,被告人の反対尋問の機会にさらされていない供述証拠である。このような伝聞証拠は原則として証拠能力をもたない,つまり犯罪事実の認定やその他の重要な事実の認定のための証拠としては利用されえない(伝聞法則)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんぶんしょうこ【伝聞証拠】

証拠となるべき体験を直接体験者自ら公判廷で供述する代わりに、他の方法で公判廷に提出される証拠。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝聞証拠
でんぶんしょうこ

裁判所の面前での反対尋問を経ない供述証拠。反対尋問を経ない供述証拠には2種類がある。一つは、たとえば犯行の目撃者の目撃供述を聞いた者が、その聞いた内容を公判期日で供述するような場合であり、原供述者(犯行目撃者)に対する反対尋問ができない供述証拠である。もう一つは、たとえば犯行の目撃者が目撃内容を公判期日で供述するかわりに書面としたような場合であり、この場合も原供述者(犯行目撃者・書面作成者)に対する反対尋問ができない供述証拠である。このような反対尋問を経ない供述証拠は、その信用性に疑問が残るので、原則として、事実認定の証拠とすることはできない(刑事訴訟法320条1項)。これを伝聞禁止の原則または伝聞法則という。この原則は、憲法第37条第2項前段の「刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ」る、に由来する。
 ただし、証拠としての利用が禁止される伝聞証拠とは、その証拠によって供述内容をなす事実の真実であることを証明しようとする場合であって、そうでない場合には伝聞証拠とはいえないので、伝聞法則の適用外となる。たとえば、証人Aが、公判期日において、「Bが『Cは窃盗犯人だ』と言っていた」と供述した場合に、この供述証拠によって証明しようとする事実(要証事実)がCの窃盗行為である場合には、Aの供述は伝聞証拠であるが、これに対して、要証事実がBのCに対する名誉毀損行為である場合には、Bの発言自体はAが直接体験した事実であるから伝聞証拠とはならない。
 なお、伝聞禁止の原則には、広い範囲で例外(刑事訴訟法321条~328条)が認められており、この例外要件を備えた伝聞証拠には証拠能力が認められている。このような伝聞例外が認められるのは、反対尋問にかわる信用性の情況的保障があり、かつ、証拠とする必要性が認められるからであるとされている。また、簡易手続である即決裁判手続においては、被告人または弁護人に証拠とすることに異議がないかぎり、伝聞証拠を用いることができ(同法350条の2)、これは簡易公判手続においても同じである(同法320条2項)。[田口守一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝聞証拠の関連キーワード証拠裁判主義司法取引刑事裁判裁判権民事裁判事実誤認一括審理目撃者四万人の目撃者刑事ジョン・ブック/目撃者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝聞証拠の関連情報