コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証拠物 しょうこぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

証拠物
しょうこぶつ

(1) 民事訴訟法上は,物的証拠,すなわち証拠方法としての文書および検証物を証拠物と呼ぶ。 (2) 刑事訴訟法上,その物理的存在が事実認定の資料とされるもの。証拠書類と対比され,両者を合せて物的証拠と呼ぶ。証拠物に対する証拠調べの方法は,展示することによってなされるが,この証拠物のうちで書面の意義が証拠となるものは,さらに朗読を必要とする。これに対して,証拠書類は朗読のみでよい。そこで証拠物と証拠書類との区別が,証拠調べの方法のうえで相違するところから重要な論点となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうこぶつ【証拠物】

訴訟手続において、その存在および内容が証拠資料となるもののうち、証拠書類以外のもの。民事訴訟法上は、証拠書類も含む。証拠物件。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

証拠物の関連キーワード起訴状一本主義行政不服審査法違法収集証拠犯則調査権限公安調査庁検察官送致証拠開示職権主義提出命令有価証券証拠保全家宅捜索任意捜査強制捜査書類送検訴訟手続強制処分差押え起訴状逮捕

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

証拠物の関連情報