コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰碁 つめご

2件 の用語解説(詰碁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詰碁
つめご

囲碁用語。部分的な死活研究のための設問。実戦にヒントを得,また研究的に作図する。詰碁は詰将棋をもじったもので,明治期以降の新語。江戸時代には「作り物」,中国では「珍瓏 (ちんろう) 」といった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つめ‐ご【詰(め)碁】

囲碁にみられる石の死活に関する局面を出題し、その手順を研究する碁。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

詰碁の関連キーワード芸術のための芸術学術用語死活死活問題人生のための芸術設問部分的弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽ケネディ分類(法歯学)国民生活研究所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

詰碁の関連情報