コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰碁 つめご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詰碁
つめご

囲碁用語。部分的な死活研究のための設問。実戦にヒントを得,また研究的に作図する。詰碁は詰将棋をもじったもので,明治期以降の新語。江戸時代には「作り物」,中国では「珍瓏 (ちんろう) 」といった。詰碁は元来,死活 (コウを含む) だけを取扱ったが,近年は攻め合いその他広く手筋を取入れている。古典的名作に中国元代の『玄玄碁経』,明代の『官子譜 (かんずふ) 』,清代の『評輯』,日本では『囲碁発陽論』『碁経衆妙』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つめ‐ご【詰(め)碁】

囲碁にみられる石の死活に関する局面を出題し、その手順を研究する碁。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

詰碁の関連キーワード橋本 宇太郎関山 利一前田 陳爾前田陳爾

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詰碁の関連情報