引例(読み)いんれい

精選版 日本国語大辞典「引例」の解説

いん‐れい【引例】

〘名〙 ある事柄の証拠としてを示すこと。また、その例。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「譬喩や、格言や、(インレイ)や、抽象的の熟語を手当り次第に振廻して」 〔揮塵録‐陸農師〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「引例」の解説

いん‐れい【引例】

[名](スル)証拠として例を引くこと。また、その例。引用例。「古典から引例する」
[類語]実例一例・具体例・例証たとえ引き合いケース例外特例用例事例類例好例先例前例作例語例症例例示クオーテーション孫引き引用運用使用利用活用所用盗用悪用転用流用通用愛用援用応用逆用供用誤用充用試用常用善用適用乱用引証引拠引き句引き写し転載掲載登載所載満載連載訳載載せるコピーアンドペースト引き写す使う用いるかす役立てる用立てる利する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android