コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例/様 タメシ

デジタル大辞泉の解説

ためし【例/様】

前にすでにあったこと。先例。前例。「けんかで勝った―がない」
手本になるようなこと。模範。規範。
「かの御教へこそ、長き―にはありけれ」〈・梅枝〉

れい【例】

[名]
以前からのやり方。しきたり。ならわし。慣習。「長年のにならう」
過去または現在の事実で、典拠・標準とするに足る事柄。「古今にを見ない」
他を説明するために、同類の中から引いて示す事柄。「を挙げて説明する」「そのに漏れない」
いつものとおりであること。「によって話が大きい」
[副]いつも。つねづね。
「―ある所にはなくて」〈・二八〉

れい【例】[漢字項目]

[音]レイ(漢) [訓]たとえる ためし
学習漢字]4年
同類の事柄。引き比べて参照すべき事柄。「例外事例前例典例判例範例類例
きまり。規定。「条例凡例(はんれい)法例
以前から行われている事柄。ならわし。いつもどおり。「例会例祭例年慣例吉例月例古例恒例通例定例不例
説明のため引き合いに出す事柄。「例示例証例題例文一例引例挙例実例適例文例
[名のり]ただ・つね・とも・みち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れい【例】

律令時代に編纂された施行細則集。《弘仁式》に先立って編纂されたものとして〈八十一例〉〈式部省例〉〈治部省例〉〈民部省例〉〈刑部省例〉〈囚獄司例〉〈弾例〉などが逸文を残しており,ほかに〈六十一例〉の名も知られている。このうち〈八十一例〉は720年代の成立と推定され,律令や式と同様に〈凡〉字を冠した条文構成をとり,令文の不備を補い解釈を明確化しようとしたものであったらしい。〈式部省例〉以下の例はいわば諸司例とも総称すべきもので,その編纂の時期は各個に異なり,また同一の名称のものが2回以上にわたって編纂された可能性もあるが,おそらく720年代の後半にそれぞれ第1回の編纂が行われたと推定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れい【例】

( 名 )
相手に類推させるために、同種類の事柄の中からよりどころとして特に取り上げて提示するもの。 「 -を挙げる」 「 -を引く」
判断の基準やよりどころとなる過去の事柄。先例。ためし。 「 -にならって決める」 「過去に-がない」
以前から世に行われている事柄。しきたり。ためし。 「元旦には初詣でをするのが-となっている」 「 -にもれない」
いつものとおりであること。ふだん。 「 -によって小言が始まった」 → 例の(連体)
( 副 )
いつも。つねづね。 「 -こなたにきなれたる人にやあらむ/源氏 東屋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の例/様の言及

【則例】より

…中国,清代の基本行政法典である会典の運用上とくに生じた新例・疑義・補足などを各官庁ごとに編集して刊行した行政法典。中国には古来種々な法令があり,清代に及んで律・会典・例となった。…

【律令格式】より

…漢代の令は律の補足的な法規であったが,晋の泰始律令において,令は初めて律から独立し,行政法のごときものとなったといわれる。唐にいたって令は律よりも重要な根本法典となったが,ただその順序は慣例に従って律令と呼ばれた。唐初の政治には高邁な理想があり,耕す者には田ありの主義に従って均田法があり,国防には全国の壮丁が当たるという国民皆兵主義の府兵制があり,上古3代聖王の黄金時代の復活を志している。…

※「例/様」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

例/様の関連キーワードラクタム多胎妊娠のおこる頻度例によって例の如しケーススタディモデルケース例外に漏れず海舶互市新例おじ方居住婚例に洩れず脳死と虐待無性生殖リアーゼ形容動詞例時懺法正徳新例運用限界例する地下茎則例症例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android