コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)合い ヒキアイ

2件 の用語解説(引(き)合いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひき‐あい〔‐あひ〕【引(き)合い】

互いに引っ張り合うこと。「綱の引き合いをする」
証拠・参考として例に引くこと。「もうけ話の引き合いに出す」
売買・貸借条件の照会。また、その注文・取引。「海外から新製品の引き合いがくる」
訴訟・事件などの証人・参考人になること。
仲を取りもつこと。紹介。
「先生からの御―で無ければ」〈鉄腸・花間鶯〉
まきぞえ。かかわりあい。
「然し―は喰ひはしませぬかな」〈伎・敵討噂古市〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典の解説

引合い

一般的には、取引に関して問い合わせたり、照会したりすることをいい、売り手側からする場合もあれば買い手側からする場合もある。また引合いの中には、単なる情報収集で、はっきりとした取引の意思をもっていないものもある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引(き)合いの関連キーワード引きしろふ引っ張り引っ張り込む引っ張り試験引っ張り出す引っ張りの見得張合う引合う引っ張り凧引っ張り餅

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone