コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)合い ヒキアイ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐あい〔‐あひ〕【引(き)合い】

互いに引っ張り合うこと。「綱の引き合いをする」
証拠・参考として例に引くこと。「もうけ話の引き合いに出す」
売買・貸借条件の照会。また、その注文・取引。「海外から新製品の引き合いがくる」
訴訟・事件などの証人・参考人になること。
仲を取りもつこと。紹介。
「先生からの御―で無ければ」〈鉄腸・花間鶯〉
まきぞえ。かかわりあい。
「然し―は喰ひはしませぬかな」〈伎・敵討噂古市〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

流通用語辞典の解説

引合い

一般的には、取引に関して問い合わせたり、照会したりすることをいい、売り手側からする場合もあれば買い手側からする場合もある。また引合いの中には、単なる情報収集で、はっきりとした取引の意思をもっていないものもある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

引(き)合いの関連キーワードアックルシウスノルマ(管理)多嘉良 カナ西域物語レミング大森貝塚数量景気応用地質ソドム神話象引木品

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android