引(き)合い(読み)ヒキアイ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐あい〔‐あひ〕【引(き)合い】

互いに引っ張り合うこと。「綱の引き合いをする」
証拠・参考として例に引くこと。「もうけ話の引き合いに出す」
売買・貸借条件の照会。また、その注文・取引。「海外から新製品の引き合いがくる」
訴訟・事件などの証人・参考人になること。
仲を取りもつこと。紹介。
「先生からの御―で無ければ」〈鉄腸・花間鶯〉
まきぞえ。かかわりあい。
「然し―は喰ひはしませぬかな」〈伎・敵討噂古市〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

流通用語辞典の解説

引合い

一般的には、取引に関して問い合わせたり、照会したりすることをいい、売り手側からする場合もあれば買い手側からする場合もある。また引合いの中には、単なる情報収集で、はっきりとした取引の意思をもっていないものもある。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android