コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説文通訓定声 せつもんつうくんていせい Shuowen tong-xun ding-sheng

2件 の用語解説(説文通訓定声の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

説文通訓定声
せつもんつうくんていせい
Shuowen tong-xun ding-sheng

中国最古の字書『説文解字』の注釈書。清の朱駿声の著。 18巻。道光 28 (1848) 年成立。『説文解字』に注釈を加えたものであるが,諧声音符ごとに同系文字をまとめ,また古代に同音あるいは近似音と考えられる字群を近くに配列する方法で,全書を 18部に分けた上古韻の枠別に再編成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

説文通訓定声
せつもんつうくんていせい

中国の字書。18巻。朱駿声(しゅしゅんせい)(1788―1858)撰(せん)。1833年(道光13)成書、1870年(同治9)刊行。漢の許慎(きょしん)の著『説文解字』に偏旁(へんぼう)分類により収められた9000余の漢字を、清(しん)朝考証学の成果として明らかとなった古音(先秦(せんしん)時代の中国語音)の分類により改めて18の部に分け、各部の内部では声符(漢字の「つくり」、たとえば「紅」「江」「空」における「工」)を同じくする形声文字をまとめて配列した。これが書名にいう「定声」にあたる。各字の下には『説文解字』の注解を引用してその字の本義を示すほかに、本義から派生した引申義(著者はこれを「転注」という)および仮借(かしゃ)の用法を、古典を豊富に引用しつつ詳しく載せる。これが書名にいう「通訓」である。字形、字音、字義の由来とそれら相互の関連を示す書物として、今日でも参照する価値の大きいものである。[平山久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

説文通訓定声の関連キーワード徐鉉説文説文解字俗字書伝水原抄《説文解字韻譜》《説文解字繫伝》《説文解字注》《説文解字篆韻譜》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone