談義・談議・談儀(読み)だんぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐ぎ【談義・談議・談儀】

〘名〙
① はなし合うこと。相談してとりはからうこと。談合。
※玉葉‐文治二年(1186)七月一日「此日兼光卿来、召簾前〈縁賜円座〉。談義宇佐宮之間事」 〔南史‐張裕伝〕
② 道理を説ききかせること。意義を説くこと。文学、芸術その他種々のことについて解説し、論説して示すこと。また、その講義や書物。
※梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「高松殿の東向の常に在る所にて、歌のだむぎありて、我も謡ひて聴かせ」 〔南斉書‐柳世隆伝〕
③ 仏語。仏教の法義や宗旨について説き明かすこと。説法をすること。また、その話。論義法要における問答の意にも用いる。法談
※山家集(12C後)中「寂超入道談義すと聞きてつかはしける」
④ 意見をすること。こごとを言うこと。また、そのこごと。訓戒。
浮世草子・世間娘容気(1717)二「額に皺よせ談義(ダンギ)の口あけせらるる所」
[語誌](1)本来は「談義」が物事の道理を説き明かすこと、「談議」が談話・論議をすることという異なる意を持つ漢語であるが、両者は混同して用いられることが多い。
(2)日本では中世以降、「談義(談議)」を多く「説法」「説教」「法談」などと類義の仏教用語として用いており、江戸時代に現われる通俗小説「談義本」の名称もこれに基づく。しかし明治半ば以降には「説教」が広く用いられるようになり、「談義(談議)」「説法」「法談」の語は衰退した。
(3)現代語では「教育談義」など、「…談義」の形でややくだけた場面で論議を示す用法が残っている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android