コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

請料 うけりょう

大辞林 第三版の解説

うけりょう【請料】

中世、請所うけしよをした地頭・荘官・名主などが荘園領主に納入することを請け負った一定額の年貢。請口うけぐち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の請料の言及

【請所】より

…平安末期から室町時代にかけて荘園や公領で,荘官,地頭,守護,さらには荘園農民などが年貢を定額で請け負い,納入した年貢請負の制度。〈うけどころ〉とも言い,請け負われた年貢を請口,請料とも言った。請所のはじまりは平安末期に地方国衙の在庁官人らが荘官に代わって荘園年貢を徴収して本家,領家に送ったり,源平合戦の混乱期に地方の武士が荘園の管理を委任され,年貢納入を請け負ったことにあるとされている。…

※「請料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

請料の関連キーワードアプリケーション・フォーム/アプリケーション・フィー荘園領主守護請地頭請

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android