請負給(読み)うけおいきゅう(英語表記)piece wage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

請負給
うけおいきゅう
piece wage

一定の仕事完成することを目的とした契約 (民法 632) に基づき,完成に伴って支払われる報酬土木工事,家屋建設などはこうした契約方式をとることが多く,工事など一定の仕事の完成が目的となっている点で,通常の労務提供を目的とする雇用契約とは異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

請負給【うけおいきゅう】

仕事の完成度合に応じて賃金額を決める能率給の日本的呼称として,今日ではおもに建築,造船,運輸,石炭,金属,繊維などの産業や各種の家内労働において用いられる。単位出来高の価格を基準にした単価請負制と単位出来高の完成に必要な時間を基準にした時間請負制に大別される。なお,パーソナルコンピューターの普及によりホームオフィス化が進む業界では家内労働による単価請負が一般的だが,請負の際の契約条件の文書化・提示が慣行として定着せず一部で社会問題化している。→請負個数賃金

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android