コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪頼水 すわ よりみず

2件 の用語解説(諏訪頼水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪頼水 すわ-よりみず

1571*-1641 織豊-江戸時代前期の大名。
元亀(げんき)元年12月23日生まれ。諏訪頼忠(よりただ)の長男。関ケ原の戦い徳川秀忠にしたがい,信濃(しなの)(長野県)上田城攻めにくわわる。慶長6年上野(こうずけ)(群馬県)総社(そうじゃ)より本領信濃諏訪に復帰,高島藩主諏訪家初代となる。2万7000石,のち3万2000石。寛永18年1月14日死去。72歳。通称は小太郎

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すわよりみず【諏訪頼水】

1570‐1641(元亀1‐寛永18)
江戸初期の武将。初代諏訪(高島)藩主。通称小太郎。因幡守。頼忠の長子。1578年(天正6)から9年間諏訪上社大祝(おおほうり)を務めた。82年父とともに徳川家康に属し,90年小田原征伐に従軍して武蔵国内に1万2000石で封ぜられ,92年(文禄1)上野国惣社に転封。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦では徳川秀忠に従い真田昌幸のこもる上田城を攻めた。翌年旧領の信州諏訪郡に2万7000石で復帰し,大坂の陣では甲府城を守った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

諏訪頼水の関連キーワードコリャード照山修理マン長崎(市)氏家卜全和田惟政平戸オランダ商館吉良義央詩仙堂星室庁

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone