コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪頼水 すわ よりみず

2件 の用語解説(諏訪頼水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪頼水 すわ-よりみず

1571*-1641 織豊-江戸時代前期の大名。
元亀(げんき)元年12月23日生まれ。諏訪頼忠(よりただ)の長男。関ケ原の戦い徳川秀忠にしたがい,信濃(しなの)(長野県)上田城攻めにくわわる。慶長6年上野(こうずけ)(群馬県)総社(そうじゃ)より本領信濃諏訪に復帰,高島藩主諏訪家初代となる。2万7000石,のち3万2000石。寛永18年1月14日死去。72歳。通称は小太郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すわよりみず【諏訪頼水】

1570‐1641(元亀1‐寛永18)
江戸初期の武将。初代諏訪(高島)藩主。通称小太郎。因幡守。頼忠の長子。1578年(天正6)から9年間諏訪上社大祝(おおほうり)を務めた。82年父とともに徳川家康に属し,90年小田原征伐に従軍して武蔵国内に1万2000石で封ぜられ,92年(文禄1)上野国惣社に転封。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦では徳川秀忠に従い真田昌幸のこもる上田城を攻めた。翌年旧領の信州諏訪郡に2万7000石で復帰し,大坂の陣では甲府城を守った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

諏訪頼水の関連キーワード元亀誹諧初学抄三筋町池田長常円悦玉室宗珀秀算但唱中山照守

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone