諷誦文(読み)ふじゅもん

精選版 日本国語大辞典「諷誦文」の解説

ふじゅ‐もん【諷誦文】

〘名〙 仏語。死者追善供養のために、三宝衆布施する意や、施物のこと・その趣旨などを記して捧げる文章で、僧が代わって読むもの。法会導師が読むことを例とした。諷誦。ふうじゅもん。
※本朝文粋(1060頃)一四「宇多院為河原左相府、没後修諷誦文 紀在昌」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「諷誦文」の解説

諷誦文
ふじゅもん

仏教用語。死者の供養などのために,僧侶読経を頼む文書で,施物が記入されている。平安時代以来の風習で,これを受けた僧は読経のあとでこの文書を読上げる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「諷誦文」の解説

ふじゅ‐もん【××誦文】

死者の冥福を祈るため、三宝さんぼうへの布施物や布施の趣旨などを記した文章。追善の法会の導師が読んだ。ふうじゅもん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の諷誦文の言及

【表白】より

…願文の一種。願文は神仏に祈願する文書であるが,所領を寄進して所願を述べる寄進状形式の願文,造塔堂,造仏,写経などに際して所願を述べ供養する供養願文,施物を表示し諷誦(ふじゆ)を所願する諷誦文など多種に及ぶ。表白は,以上のような施主・願主が認める願文とは異なり,施主・願主から依頼を受けた導師あるいは表白師が,修法・法会の開白または結願に際して,本尊の宝前にて法事の旨趣を啓白(けいびやく)すること,または啓白する文をいう。…

※「諷誦文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android