コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

譚元春 たんげんしゅんTan Yuan-chun

3件 の用語解説(譚元春の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

譚元春
たんげんしゅん
Tan Yuan-chun

[生]万暦14(1586)
[没]崇禎4(1631)
中国,明の詩人。竟陵 (きょうりょう。湖北省天門県) の人。同郷の鍾惺 (しょうせい) と古代から唐までの詩を編集,批評して『古詩紀』『唐詩紀』を著わした。当時流行していた擬古主義に反対し,竟陵派呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんげんしゅん【譚元春 Tán Yuán chūn】

1586‐1631
中国,明末の詩人。湖北省竟陵の人で,同郷の鍾惺とともに竟陵派の代表者。既成の観念と絶縁して自己自身の情念と価値観に基づいて古詩と唐詩を自在に評論した共著《詩帰》は,広範な読者に迎えられて,従来の擬古主義の風潮を終息させる効果を生んだ。しかし銭謙益がそのひとりよがりの〈無学〉さを批判して以来,清代以後はほとんど顧みられなくなった。【入矢 義高

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

譚元春
たんげんしゅん
(1586―1631)

中国、明(みん)末の詩人。字(あざな)は友夏(ゆうか)。竟陵(きょうりょう)(湖北省)の人。同郷の先輩鍾惺(しょうせい)とともに幽深孤峭(ゆうしんこしょう)を唱え、復古派の勢力を完全に一掃した。彼らは出身地にちなんで竟陵派とよばれ、明末の一時期、その主張は詩壇を風靡(ふうび)したが、自愛的な逃避、女性的な感傷に強い執着を示すその詩文は、無学偏奇で、故事をほとんど用いず、迫力とエネルギーを欠き、銭謙益(せんけんえき)の登場によってその声威はたちまち失墜した。散文の小品にかえって佳作がある。著に『譚友夏合集(がっしゅう)』がある。伝は『明史』文苑(ぶんえん)伝四に記される。[福本雅一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の譚元春の言及

【竟陵派】より

…中国,明代末期(16世紀末~17世紀初め)に活躍した文学者のグループで,鍾惺と譚元春を代表者とする。ともに湖北省竟陵の出身。…

※「譚元春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

譚元春の関連キーワード荒木村重シドニー豊臣蜂須賀正勝仏光寺薬王寺上井覚兼日記ガブリエリ喜多流キャベンディシュ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone