コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警告反応 けいこくはんのうalarm reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

警告反応
けいこくはんのう
alarm reaction

汎適応症候群の第1期の反応をいう。外傷,寒冷,中毒など生体にとって有害な刺激 (ストレス) が加わると,まずアドレナリン分泌が起り,その直後から副腎皮質ホルモンの急激な放出胸腺萎縮などが起ってくる。これが警告反応で,最初は刺激に対する単なる受動的な反応にすぎないが,さらに引続いて同質のストレスが加重されると,疲労感,食欲不振,肩凝り,腰痛など,刺激に対して積極的な防御反応を呈するようになる。この時点で適切に処置しなければ,副腎の肥大による積極的防衛反応はさらに高まって第2期 (抵抗期) に入り,やがて刺激に耐えられなくなる第3期 (疲憊期) へと進行していく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいこく‐はんのう〔‐ハンオウ〕【警告反応】

ストレスの初期段階にみられる反応。生体が刺激(ストレッサー)を加えられたとき、初めは何の準備もないため血圧・代謝の低下などのショック相が起こり、次いでそれに対応してショックが回復する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいこくはんのう【警告反応】

生体にストレスが加わった際にストレスに対処して生じる反応。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

警告反応の関連キーワードストレス説適応症候群自然治癒力セリエ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

警告反応の関連情報