コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汎適応症候群 はんてきおうしょうこうぐんgeneral adaptation syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汎適応症候群
はんてきおうしょうこうぐん
general adaptation syndrome

全身適応症候群ともいう。カナダの H.セリエストレス理論の中心をなす概念。生体が外傷,中毒,寒冷,感染症のような非特異的なストレス刺激に当面すると,そのストレス刺激の種類とは無関係に一連の個体防衛反応が現れ,その主役は下垂体前葉-副腎皮質系のホルモンであるとし,この反応の総和を汎適応症候群と呼んだ。反応は3つの時期に分けられる。 (1) 警告反応期,(2) 抵抗期,(3) 疲憊 (ひはい) 期。成因の明らかでなかった心臓血管系や腎臓,関節などの病気の成因は,この反応に関係が深いという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はんてきおうしょうこうぐん【汎適応症候群】

生体が種々のストレッサーに対して反応し、適応するときに起きる一連の症状。警告反応から抵抗期を経て病弊期に至る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の汎適応症候群の言及

【ストレス】より


[ストレス学説]
 セリエは生体が外傷,中毒,寒冷,伝染病のような異なった種類の刺激にさらされた際,刺激の性格のいかんにかかわらず,ある種の一様な反応が生じる事実に注目した。この反応は脳下垂体‐副腎皮質系の内分泌系統が関与して成立するもので,もともと生体の防衛あるいは環境の変動に対する適応的な反応であると考え,汎適応症候群general adaptation syndromeと命名している。このような反応の原因となる刺激はストレッサーstresserまたはストレス作因という。…

【セリエ】より

…カナダに帰化し,45年からモントリオール大学の実験医学研究所長兼教授。1936年以降,汎適応症候群general adaptation syndromeという新しい概念を提唱して国際的に高く評価されたがこの中にストレスという言葉が用いられているので,これは一般に〈ストレス学説〉とよばれている。ストレスとは,外界から心身へいろいろな傷害や刺激が加えられると,体内に種々の非特異的な生物反応が起こることをいい,その機序として脳下垂体‐副腎系のホルモン分泌が深く関与すると説く。…

※「汎適応症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

汎適応症候群の関連キーワードハンス セリエストレッサー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android