コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警察通信 けいさつつうしん

百科事典マイペディアの解説

警察通信【けいさつつうしん】

警察の責務を行うため用いられる通信。通常の専用電話のほかマイクロ波による多重固定回線,無線通信の施設をもつ。警察通信は警察の責務の遂行に必要な事項のみを扱い部外者の使用は許されない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいさつつうしん【警察通信】

警察の運営や組織的活動を効率的に行うために設けられた専用の通信網をいう。世界各国の警察通信は国情や警察の組織体制の相違により構成,規模に差異があるが,公衆通信網に劣らぬ機能を保有することはもちろん,公衆通信網にはない弾力的な管理運用体制を確保することが強く求められている。日本の警察通信のもっとも基盤的なものとしては,全国の警察機関相互間を結ぶ専用電話網と,パトカーや街を警らする警察官などの情報伝達手段となる超短波移動無線通信網を挙げることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

警察通信の関連キーワード公安委員会(警察)符号分割多元接続警察学校警察庁

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

警察通信の関連情報