谷口善太郎(読み)たにぐち ぜんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口善太郎 たにぐち-ぜんたろう

1899-1974 大正-昭和時代の社会運動家,政治家,小説家。
明治32年10月15日生まれ。高等小学校を卒業後,京都の清水(きよみず)焼の陶工となる。大正11年共産党に入党日本労働組合評議会の中央常任委員。三・一五事件で検挙され,出所後作家活動にはいる。昭和24年衆議院議員(当選6回,共産党)。昭和49年6月8日死去。74歳。石川県出身。筆名須井一(はじめ),加賀耿二(こうじ)。作品に「綿」「清水焼風景」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷口善太郎
たにぐちぜんたろう
(1899―1974)

政治家。石川県生まれ。陶器工場の徒弟をしつつ高等小学校を卒業。清水焼工場に就職し陶磁器工を組織、1923年(大正12)日本共産党に入党し、京都の労働運動で活躍した。三・一五事件(1928)で検挙され、肺結核で自宅療養中、磯村秀次(いそむらひでつぐ)の名で『日本労働組合評議会史』を執筆、また須井一(すいはじめ)名で小説『綿』『清水焼風景』、加賀耿二(かがこうじ)名で『血の鶴嘴(つるはし)』などを発表しプロレタリア作家としても評価された。第二次世界大戦後、党再建に参加、1961年(昭和36)以降中央委員。1949年京都1区から衆議院当選、以来通算6期。[荒川章二]
『『綿・幼き合唱』(新日本出版社・新日本文庫) ▽『谷口善太郎小説集』(1963・新日本出版社) ▽『日本労働組合評議会史』(1975・新日本出版社) ▽『日本プロレタリア文学集29 谷口善太郎集』(1986・新日本出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android