豨薟(読み)メナモミ

デジタル大辞泉の解説

め‐なもみ【豨薟】

キク科の一年草。山野に生え、高さ約1メートル。全体に毛があり、葉は卵形で対生する。黄色い花が多数咲く。花を包む総苞(そうほう)に腺毛があり、粘液を出す。漢方で全草を腫瘍(しゅよう)などに薬用。もちなもみ。あきほこり。いしもち。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めなもみ【豨薟】

キク科の一年草。原野に生える。全体に毛が多い。高さ約1メートル。葉は卵円形で三脈が明瞭。秋、黄色の小頭花を多数つける。総苞片に腺毛があって粘る。漢方で排膿・解毒の薬とする。漢名、豨薟きれん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

豨薟 (メナモミ)

学名:Siegesbeckia pubescens
植物。キク科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐なもみ【豨薟】

〘名〙 キク科の一年草。各地の山野に生える。高さ五〇~一〇〇センチメートル。全体に短毛を密布する。葉は柄をもち対生し、葉身は長さ五~一〇センチメートルの広卵形で縁に不規則な鋸歯(きょし)がある。九~一〇月、黄色い頭状花を円錐状につける。舌状花は小さく二~三裂する。果実は倒卵状長楕円形で冠毛がない。漢方では全草を干したものを豨薟(きれん)と呼び、神経痛、リウマチ、中風などに用いる。漢名、豨薟。もちなもみ。あきぼこり。いしもち。《季・秋》
※南海寄帰内法伝平安後期点(1050頃)一「倉耳(メナモミ)の根を取る。并に地に入れること二寸なるを截り取る」 〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の豨薟の言及

【メナモミ】より

…〈ナモミ〉はくっつく意味の〈なずむ〉から転化したものといわれている。【小山 博滋】 メナモミや近縁のツクシメナモミS.orientalis L.(英名holy herb)は,中国では全草を豨薟(きけん)の名で薬用にする。腫毒,中風,血圧降下に効があるという。…

※「豨薟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android