コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラ

2件 の用語解説(豪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えら【豪】

形容詞「えら(偉)い」の語幹から》
はなはだしいこと。すぐれていること。
「こちとらが夕べの働き、―ぢゃぞえ」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記
名詞・形容詞語幹の上に付き接頭語的に用いて、たいそうな、ひと通りでない、の意を表す。
「尚さんは―怒りの、―癇癪(かんしゃく)ぢゃぞえ」〈伎・飛馬始〉

ごう【豪】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゴウ(ガウ)(呉) [訓]つよい
すぐれて力強い。勢いが盛ん。「豪快豪傑豪族豪放豪勇
能力・財力などがぬきん出た人。「強豪剣豪酒豪土豪富豪文豪
並み外れている。大いに。「豪雨豪華豪語豪奢(ごうしゃ)豪雪豪遊
オーストラリア。「豪州日豪
[名のり]かた・かつ・すぐる・たけ・たけし・つよ・つよし・とし・ひで
[難読]豪物(えらぶつ)豪猪(やまあらし)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豪の関連情報