コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猛者 モウザ

デジタル大辞泉の解説

もう‐ざ〔マウ‐〕【猛者】

な人。もさ。また、富裕で勢いのある人。
「坂東の―なりせば」〈続古事談・五〉

も‐さ【猛者】

力のすぐれた勇猛な人。荒っぽい人。もうざ。「柔道部の猛者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もさ【猛者】

と書いて〈もさ〉と読みならわしているが,〈もうざ〉が略転したものとみられている。猛者(もうざ)の語は平安時代も後期に入ってからしだいに普及したようで,勇猛果敢な人,威徳のある人,有能な活動家,富裕な人などの意味で使われた。いわば〈男の中の男〉と同様の意味で,男性に対する美称の一つであった。特別の技能をそなえた勇者という点では新興の武士階級の〈名ある武者(むしや)〉をさすし,これに威徳・富裕ということもあわせみると,武力に富んで各地で威勢を張っていた〈富豪の輩(やから∥ともがら)〉が〈猛者〉像の中心をなしたのがわかる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もさ【猛者】

荒々しい人。また、すぐれた技術・体力をもち、活躍している人。 「空手部の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の猛者の言及

【猛者】より

…猛者と書いて〈もさ〉と読みならわしているが,〈もうざ〉が略転したものとみられている。猛者(もうざ)の語は平安時代も後期に入ってからしだいに普及したようで,勇猛果敢な人,威徳のある人,有能な活動家,富裕な人などの意味で使われた。…

※「猛者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

猛者の関連キーワードメソポタミア神話ウォーリアー朝比奈義秀銀座三四郎千軍万馬藤原清廉鴻門の会藤原実遠

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猛者の関連情報