コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪渓 ごうけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豪渓
ごうけい

岡山県南部,総社市北部から吉備中央町南部にいたる,高梁 (たかはし) 川支流の槇谷川がつくる峡谷両岸には花崗岩節理によって風化浸食された奇岩がそびえ,名勝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごうけい【豪渓】

岡山県中南部,高梁(たかはし)川の支流槙谷川がつくる渓谷。総社市槙谷と上房郡賀陽町にまたがる。規模はさほど大きくないが,花コウ岩の垂直・水平節理に沿う風化,浸食により天柱山(330m)などの変化に富んだ奇峰,奇岩がみられ,名勝に指定されている。季節により桜,新緑,紅葉が清流とともに美しい景観を作り出す。伯備線豪渓駅から槙谷川沿いに約8kmのハイキングコースがあり,豪渓に至る。【由比浜 省吾】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕豪渓(ごうけい)


岡山県南西部、高梁(たかはし)川の支流槇谷(まきだに)川にある渓谷。吉備(きび)高原の花崗(かこう)岩台地が浸食されてできた。国指定名勝。高さ330mの天柱(てんちゅう)山や剣峰(けんほう)・雲梯峰(うんていほう)などの奇岩がみられ、行楽客が訪れる。秋は紅葉の名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豪渓
ごうけい

岡山県中央部南西寄り、高梁(たかはし)川の支流槇谷(まきだに)川の上流にある渓谷。国指定名勝。総社(そうじゃ)市槇谷と加賀(かが)郡吉備中央(きびちゅうおう)町にまたがる。花崗(かこう)岩の節理が発達し、これが風化した奇岩が多く、四季それぞれに美しい。JR伯備(はくび)線総社駅、豪渓駅からバス便がある。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豪渓の関連キーワード岡山県加賀郡吉備中央町岡山県総社市槙谷吉備中央(町)岡山県総社市賀陽[町]総社(市)衣笠豪谷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android