コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝毒による中毒 かいどくによるちゅうどく

1件 の用語解説(貝毒による中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かいどくによるちゅうどく【貝毒による中毒】

 以下にあげる貝を食べると、食中毒がおこることがあります。
●ツブ貝
 唾液腺(だえきせん)中にテトラミンという毒が含まれ、加熱調理しても無毒化されません。視力の低下、めまい、眠けなどがおこります。
アワビ
 中腸腺(ちゅうちょうせん)が、2~5月になると毒をもちます。光過敏症ひかりかびんしょう)がおこり、顔、手、足などの日光のあたる部分に赤み、腫(は)れ、痛みなどのやけどに似た症状が現われます。
●バイ貝
 7~9月にかけて、中腸腺に毒をもつことがあって、視力の低下、唇(くちびる)のしびれ、のどの渇きなどがおこります。けいれん、意識混濁などの重い症状になることもあります。
●ムラサキイ貝、ホタテ貝、アカザラ貝、コタマ貝など
 これらの二枚貝は、5~10月に有毒プランクトンを食べて毒をもつことがあります。下痢(げり)、吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)、腹痛などがおこります。
 下痢が中心的な症状なので、この毒を下痢性貝毒といい、加熱調理をしても、無毒化されません。
アサリ、アカザラ貝、マガキ、ムラサキイ貝など
 これらの貝は、赤潮(あかしお)が発生すると、この中にいる有毒プランクトンを食べて毒をもつことがあります。唇や舌のしびれ、からだのまひなどふぐ中毒に似た症状がおこります。
 この毒をまひ性貝毒といいます。毒をもつと出荷規制などの処置がとられます。
[治療]
 症状が少しでも現われたら、まず、吐きます。いっしょに食べた人も、たとえ症状がなくても吐きましょう。そして医師の診察を受けてください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

貝毒による中毒の関連キーワード細菌性食中毒ボツリヌス中毒ゲルトナー菌食中りアレルギー様食中毒イガイ中毒イシナギ中毒感染型細菌性食中毒集団食中毒ブドウ球菌食中毒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone