コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞吉(1) さだよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞吉(1) さだよし

?-? 鎌倉-南北朝時代の刀工。
大和(奈良県)高市の保昌派。国光の子とも貞宗の子ともいわれる。左衛門尉。名物「桑山保昌」の短刀が国宝指定。文保-貞和(1317-50)ごろの人。銘は「高市郡住金吾藤貞吉」など。姓は藤原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貞吉(1)の関連キーワード南北朝時代刀工

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android