コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

負人 ふにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

負人
ふにん

荘園制における農民の呼称。荘民が,その居住する甲という荘園から乙という荘園もしくは公領に出作した場合,その荘民は甲の領主に対して雑役 (ぞうやく) を担する義務を負ったから,甲の領主側はその荘民を負人と称し,乙の領主側からは寄人 (よりゅうど) と呼ばれた。年貢は出作地の領主,国衙に納め,公事夫役は従来の領主に納めるという支配関係で,雑役免 (ぞうやくめん) ,半不輸田,一色田などはこうした関係のうえに成立していた。 (→負名 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

負人の関連キーワードインディペンデントコントラクター飛騨屋久兵衛(4代目)岡田弥三郎(10代)栖原角兵衛(6代)栖原角兵衛(9代)栖原角兵衛(8代)江戸悪党改め役佐藤伊三右衛門コンドゥクトルザミーンダール建部七郎右衛門尾張大国霊神社辻内刑部左衛門裸祭[国府宮]玉川庄右衛門川俣[温泉]徴税総請負人加賀屋伝蔵マンドラン西川貞二郎

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android