コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色田 いっしきでん

4件 の用語解説(一色田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一色田
いっしきでん

荘園制下,人身的な公事 (くじ) ,諸役を免除されて年貢のみを賦課される田地をいう。一色 (1種類) の物だけを出す田という意味。雑役免田ともいう。一色田はのちに各地で地名化し,一色を家名とする土豪も出現した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いっしき‐でん【一色田】

中世、荘園耕地のうち、公事(くじ)を免除され、年貢のみを上納する田地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いっしきでん【一色田】

荘園制で、雑役が免除されて年貢だけを出す田地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一色田
いっしきでん

名田(みょうでん)、給免田(きゅうめんでん)などとともに荘園(しょうえん)を構成する耕地の一種。荘園領主の直属地で、毎年春の勧農のとき農民に割り当てられたので散田(さんでん)ともいわれた。古代以来の公田の系譜を引く名田が年貢、雑公事(ぞうくじ)双方を賦課されたのに対し、一色(1種類)の課役(かやく)(おもに年貢)だけを負担すればよかったのでこの名がついた。しかし、斗代(とだい)は名田よりも高かった。後世地名化することが多く、足利(あしかが)氏の一族一色氏は三河国(愛知県)吉良庄(きらのしょう)一色からおこった。[木村茂光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一色田の言及

【一色】より

…たとえば,一色別納,一色別符といえば,荘園領主あるいは国に対しては年貢(官物)のみを納め,雑公事を免除されていることをいう。また,一色田は,荘園の耕地のうちの荘園領主直属地という意味で用いられることが多いが,これは,名田が年貢・雑公事の双方を負担するのに対して,直属地は年貢のみを負担することに由来する。【中野 栄夫】。…

【免田】より

…この種の免田には所領経営上の職務に対する報酬として,領内寺社,荘官などの下級領主,手工業者などに支給された〈仏神田〉や〈人給(にんきゆう)免〉のほかに,灌漑用水維持のために設置された〈井料免〉や〈高樋免〉などがあった。また公事のみ免除された田地もあり,〈雑役免田〉とか,〈一色(いつしき)田〉と呼ばれた。荘官や郡郷司に与えられた〈給名(きゆうみよう)〉はこの種の免田である。…

※「一色田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一色田の関連キーワード万雑公事余田公事方公事所公事場公事文公事家逆公事山公事公事日

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone