コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貨幣状湿疹 かへいじょうしっしん nummular eczema

3件 の用語解説(貨幣状湿疹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貨幣状湿疹
かへいじょうしっしん
nummular eczema

湿疹性病変のうち,境界鮮明な貨幣大の円形の湿疹が1個から数個,散在するものを特に貨幣状あるいは局面性湿疹と呼ぶ。丘疹,漿液性丘疹,小水疱が多発して融合することが多く,激しいかゆみを伴う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

かへいじょうしっしん【貨幣状湿疹 Nummular Eczema】

[どんな病気か]
 貨幣(コイン)状の円形をした、とてもかゆい湿疹です。赤いぶつぶつがあったり、ジュクジュクしていることもあります。とくに足の脛(すね)にできることが多いのですが、膝(ひざ)の周囲、手背(しゅはい)、体幹(たいかん)(胴体)にできることもあります。
 高齢者では、肌が乾燥してかゆくなる冬場に多く、小児では虫刺されをひっかいているうちにできることもよくあります。
 いったんよくなっても、すぐに強いかゆみがぶりかえし、治りにくくなることが多い皮膚病です。また、長い期間この病気でいると、全身の自家感作性皮膚炎(じかかんさせいひふえん)(「自家感作性皮膚炎」)に発展しやすいので、早めに皮膚科で治療を受けましょう。
[治療]
 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンステロイド)薬の外用、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服します。細菌感染がおこって患部が少しにおうときには、抗生物質の外用と内服を併用します。
 患部は清潔に保ち、軟膏(なんこう)を塗った後、ガーゼで保護するようにしましょう。保護することによって、軟膏の効果が増すばかりでなく、ひっかいて局所を傷つけたり、細菌感染がおこるのを防止することができるからです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

かへいじょうしっしん【貨幣状湿疹 eczema nummulare】

10円硬貨くらいの赤銅色の境界明りょうなかゆい円盤状の皮膚炎局面が多発する疾患。湿疹の名があるように,かいていると表皮内にできた水疱が破れて汁が出る。この病気の本態の多くはアレルギー性接触皮膚炎で,原因として,6価クロムイオンCr6+,ニッケルイオンNi2+,コバルトイオンCo3+などの金属アレルゲンがよく知られている。またセッケン中の精油やヒドロキシシトロネラールが原因アレルゲンと考えられるような症例もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貨幣状湿疹の関連キーワードコイン何心地不死身プリマドンナワンコインドンナちっこいうどん陰唇癒合加齢性硝子体変性水泳肩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone